GO FOR IT

Go for it and Get things done

SEOに効果的な記事のURLとは

SEOを考えたURL設定

先日、オマチくんさん(id:omachilove)のブログを読みましてコメントしたのですが、個人的にタイムリーな話でしたので自分の考えもまとめてみたいと思います。

Googleが推奨するシンプルなURL構造について

普段、記事のURLを気にして更新している人は多くないと思いますが、GoogleのSearch ConsoleヘルプではシンプルなURL構造を推奨しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

なので、デフォルトで設定されている記事URLのフォーマットより、カスタムURLで分かりやすい英単語の羅列にしたほうが良いことは、まさにその通りだと考えています。

が、本来は日本語でURLを作るのが最適解なんじゃないか個人的思うところがあったのでその理由を説明したいと思います。

日本語URLのメリット

日本語URLは確かにエンコードされると非常に長いURLとなりますので、SNSやチャットツールで共有し合うときには向いていないかもしれません。

ですが、それも使い方で、検索ユーザー向けに配信する記事であればメリットがあると考えています。

検索結果の表現テキストが増える

iPhone6の検索結果

iPhone9の検索結果

上(価格.com)はパンくずリスト(カテゴリ)、下(はてなブログ)はタイトルのURLがそのまま検索結果に表示されています。

titleやdescriptionに表示される文字数に制限がありますので、日本語URLの活用は検索結果上の情報を補完させるツールとして利用価値があることが分かります。

ブラウザでも日本語で表示される

ブラウザは日本語で表示される

ちなみに、PC/スマホ関係なくブラウザでも日本語で表示されのをご存知の方も多いはずです。

このように、日本語URLははGoogleが推奨するように「見ただけで必要な情報であるかどうかを判断でき」「ユーザーの関心を引く」シンプルなURL構造を実現するものとして最適だと考えています。

リスティング広告では一般的に

リスティング広告の表示URLのパス

検索結果に表示される広告のURLはすでに日本語でパス(階層)を作ることが一般的になっています。

この狭い空間のなかでどれだけ情報を充実させるか(リッチにするか)は、検索ユーザーを考えたときの目安になるのではないでしょうか。

配信先をイメージしてURLを決めるのがおすすめ

もちろん、ツイートしたりFacebookにシェアすることを考えれば、日本語URLだと意味がありません。ただの長い記号やアルファベットの文字列になってしまうので、逆に鬱陶しいものになってしまいます。

なので、本当に大切なのは「この記事(コンテンツ)をどこの誰に記事を届けるのか?」という視点だと思います。

「Twitterのフォロワーに届けたいなら英単語が良いかな?」 「じっくり読んでもらいたいから検索ユーザー向けに日本語URLで補完しておこう」

などなど。

せっかく書いたブログなので誰かに読んでもらいたいというのは誰しも思うはず。

今回の情報も含めて、方法論から入ってしまうと盲目的かつ周囲の情報に振り回されやすくなってしまうので、考える起点を常に読んでもらいたい相手にすることで、正しい答えに辿り着くような気がします。

かくいう自分もまだまだ未熟なので、日々の勉強と定期的なアウトプットをこれからも続けていきたいと思います。

今回のブログを書くきっかけをくださったオマチくんさん、ありがとうございました!